干支 申

早いもので、今月の折り紙は『来年の干支 申』でした。 毎年11月は来年の干支を折っています。
本当に1年、あっという間ですね・・・

今回は、『子猿』と『尾長猿』の2つを教えていただきました。

毎年干支を折ると、お家で飾ってくださるOさん。
子猿ということなので、出来上がりは何ともかわいらしい作品が。
来年1年、Oさんのお家では、子猿と尾長猿がみなさんを楽しませてくれるのかな・・・


小学生兄弟のりくくん・しょうくんは、出来上がった作品を、色紙に貼って飾れるようにしました。
しょうくんは、木に登っている猿というシュチュエーションが希望だったのですが、思い通りの木にならず、結局先生に岩山を描いてもらっていました。
これで納得のしょうくん。
岩山に登る子猿。という作品の出来上がり。


大人の参加者のOさんとMさん。
静かに、もくもくと作品を折っておられます。
一通り出来上がると、いろいろなお話しに花が咲きます❁
毎回、楽しいひとときを過ごさせてもらっています(*^_^*)


上:先生に岩山を描いてもらう、しょうくん。
色紙に貼って、自分のサインをいれるりくくん。
毎回、子どもらしい発想で、大人たちを楽しませてくれます。


これが尾長猿。

12月の折り紙は、クリスマスに関するものです。
サンタクロースか、エンジェル、ブーツ、トナカイ、そり・・・
いろいろリクエストはでましたが、先生が決めてくださいます。
クリスマスシーズンに、折り紙のオーナメントもかわいいと思うな・・・

折り紙 教室

シビックセンターブログ担当の子分こと鶴本です。カーターセンターの出来事いろいろ、お伝えします。
 
 
文字を入力してください
文字を入力してください