まちづくり

三次市には、19の自治組織があり、それぞれが『まちづくりビジョン』を作成しています。 このまちづくりビジョンは、自分たちの住む町を、もっと住みやすくしたい。
自分たちの住む町へ、住みたいと思ってもらえる町にしたい。などの思いを込めて、三次市が11年前に合併した際、町の有志の方々によってつくられました。
 
小さくて見にくいですね。すみません( ;∀;)
これです。
ビジョンには大きな3つの柱があります。
 ①こうぬの自然
 ②こうぬの食
 ③こうぬの人と文化

それぞれに詳しい内容や、これからやっていきたい事業(11年前に)などが書いてあります。これを基に、今でも続けて来られている『1/2成人式』や『カーターピーナッツの栽培』など、甲奴町を活性化させていこうと頑張っておられます。

が、11年経ちました。
やはり11年前とは、いろいろな事に変化が起こってきています。
ビジョンの見直しが必要になってきました。
もちろん、続けていくこともあるでしょうし、変化させていかないといけないこともあると思います。
これから、考えていくための勉強会を行ったというわけです。
前置きが長くなりました(-_-;)
 広島大学の高谷先生から、人脈づくり・対話が大切。
これらから『まちづくり』が始まることを教えていただきました。
そして、町民のみなさんから『思い』を聞かせていただきました。

『まちづくり』。
あちこちでこの言葉を聞きます。
頑張っておられる人・町、たくさんあります。
みなさん、自分の町が好きだからできるんですよね。
だから、甲奴のまちづくり。
これからどうなっていくのか、どうなっていきたいのか。
よく考えて、また次の10年に向けて、新しいビジョンが出来上がればいいなぁと、漠然とではありますが、期待し、待ち焦がれています。

イベント 学習会 講演会

シビックセンターブログ担当の子分こと鶴本です。カーターセンターの出来事いろいろ、お伝えします。
 
 
文字を入力してください
文字を入力してください