朝ごはん しっかり食べよう!!

夏休み恒例の『子どもクッキング』を行いました! テーマは、朝ごはんをたべよう。
メニューは、 ・ご飯 ・簡単みそ汁 ・カラフルサラダ ・スクランブルエッグ ・ミルク寒天の5品。
ミルク寒天は、冷やさないといけないので事前にこちらで作りました。
大活躍してくれたのは、今カーターセンター&図書館へ職場体験に来てくれている藤田くん。
食推さんの指導のもと、パイナップル缶詰のシロップと牛乳、そして粉寒天を温め、1/8に切ったパイナップルを入れて液を注ぎます。
今日は、保冷剤を入れた発泡スチロールで冷やしました。固まるもんなんですね(゚д゚)!寒天だからかな。

9時半前には子ども達も集合し、10時開始までの間に、食推さんたちと慌ただしく準備です。


さて、始まり、始まり。
今年は12人の参加。
毎年30人くらいなので、いつもよりは少ないのですが、1テーブル4人ずつでちょうどいい。
多ければ2日に分けて・・・と思っていましたが、1日で良さそう。

まず、自己紹介。
恥ずかしいのか、みんな声が小さい( ;∀;)
元気出して、頑張ろうぜ!!

食推さんから、【どうして、朝ごはんを食べたほうがいいのか】というお話しと、食事の基本パターン☝に当てはめて、みんなが毎日朝ごはんで食べているものを、☝の図へ当てはめてみました。
主食をご飯を食べる人、パンを食べる人で主菜、副菜、汁物が違ってきますよね。
パン食でみそ汁というご家庭もあるでしょう。
朝食で野菜を食べることが難しい人は、食推さんが手に持っておられる『100%野菜ジュース』を飲むと良いことなどを学びました。


野菜を切ったり、いりこの頭、腸を取ったり。
ちゃくちゃくと準備が出来上がります。

今回の簡単みそ汁は、味噌を丸めて、粉にしたいりこと白ごまをフライパンで炒り、丸めた味噌を入れて周りにまぶします。
これは、ある程度保存できるし、冷凍もいいらしいので、たくさん作っておいて、乾燥わかめ・焼き麩・ねぎを入れてお湯を
注ぐだけなので、簡単!忙しい朝や休日、これからの農繁期にぴったりだと思います。


子ども達が楽しそうに作っていたのが、スクランブルエッグ。
一人30gのミックスベジタブルを量ること。
ちりめんじゃこと粉チーズを加えて混ぜること。
フライパンで焼くこと。
こういうスクランブルエッグは、初めてという子どもが多く、「もう1個やってみる?」と食推さんが言われると、我先にと手が上がります。
やけどに気を付けて、後はくるくるかき混ぜるだけ。
ちりめんじゃこと粉チーズの塩味だけで十分。


自分たちで作ったご飯は、美味しいね(^^♪
毎年参加してくれている子が、どんどん調理がうまくなっている。
お家でお手伝いする子もいました。
少しでも「朝食」って大事なんだよってことがわかってくれたらいいなぁ・・・と、また来年会おうね!と約束して子どもクッキングを終えました。

最後になりましたが、毎年お忙しい中、講師をしてくださる食生活改善推進員のみなさん、毎回元気よく『やさいは元気の宝箱』を踊ってくださる粟根保健師さん。
本当にありがとうございました。
みなさんのお手伝いがあっての『子どもクッキング』です!!
また来年もよろしくお願いいたします。

お料理教室 こどもクッキング

シビックセンターブログ担当の子分こと鶴本です。カーターセンターの出来事いろいろ、お伝えします。
 
 
文字を入力してください
文字を入力してください