カメ

200年前の江戸時代。
この時代に流行った折り紙。
中でも昔から目出度いものとして、『鶴』と『亀』は人気だったとか・・・ 今回の折り紙教室で折ったカメは、伝統的な折り方で、
ツルと一緒に折られていたようです。
ツルは今でも【平和】の象徴として、また目出度い席で使われたりしていますが、
カメは折ることも少なくなってきたそうです。


カメを折ると決まった時に、この伝統的な折り方で折ろうと先生は思われたのだそうです。

さて、その折り方ですが、『伝統的』と言うと少し難しいのでは・・・と思っていました。
折り図を見ると、工程的にはそんなに多くない。
教えてもらいながら折っていくと、そんなに難しくありませんでした。

最後にゆっくりゆっくりと広げると、すごいっ!!カメだっ!!(当たり前ですが(-_-;))

亀甲模様の折り紙を用意していたので、それで折るともっといい感じに折れました。

子どもたちも折り紙に慣れて、自分で折り図を見ながどんどん折っていきます。
みんな2~3個折って帰ります。
きっとお家で、作品を見ながら話が弾んでいるんだろうなぁ。

8月の折り紙は、『イルカ』です。子どもたちのリクエストです!

そしてちょっと先の話ですが、10月には

☝これを折ります。みなさん、わかりますか?



折り紙 教室

シビックセンターブログ担当の子分こと鶴本です。カーターセンターの出来事いろいろ、お伝えします。
 
 
文字を入力してください
文字を入力してください