小さな地域からはじめる平和文化 講演会 ①

お知らせしていた、『小さな地域からはじめる平和文化』の講演会が、17日に開催されました。 今回の講演会では、地元の中学生、甲奴で起業された方、森をこよなく愛する方(甲奴町在住)のお話しと、2015年1月に甲奴町福田とアメリカ・アトランタでの二重生活をされている、スティーブン・リーパーさんとリーパーさんのお友達3名が、興味深いお話をしてくださいました。


甲奴中学校3年生の小川君は、昨年の第24次アメリカス訪問団のひとり。
また、3月にアメリカスからの訪問団が来町された際、小川君のお宅は、男の子2名のホームステイを受入られました。
小川君は、ご両親の『広い視野を持ちなさい』という考えと、これらの経験から学んだこと・感じたこと、これからの夢について話しをしてくれました。
その話しぶりは自信に満ちていていました。


次に、甲奴町で起業された月橋寿文さんのお話は、
 『甲奴はど田舎です。中途半端な田舎ではないので、それを逆手に企業した。』
と、パワーポイントを使ってわかりやすく・おもしろくお話しされました。

甲奴町へ住み、土地家屋調査士をしながら、小さいころから大好きな『森』の活用について取り組んでおられる、宮崎宏子さん。
あまりにも身近過ぎた『森』『森林』。
今まで特に考えたことはありませんでしたが、身近にあるからこの『宝』をどのようにもっと輝かせることができるかを真剣に考えてもられる姿に、考えさせられました。


リーパーさんは、お話しとお話しをつなげる役目をされ、飽きることなく2時間、おもしろく聞かせてもらいました。

ゲスト3名さんのお話しは、つづき・・・ということで。

イベント 講演会

シビックセンターブログ担当の子分こと鶴本です。カーターセンターの出来事いろいろ、お伝えします。
 
 
文字を入力してください
文字を入力してください