甲奴町内の古刹(こさつ)、正願寺の梵鐘が縁でカーター元大統領との交流が始まった広島県甲奴町は、1990年10月に甲奴町をカーターご夫妻が甲奴町を訪問され、以来カーターセンター(アトランタ市)及びジョージア州アメリカス市との交流がおこなわれるようになりました。これを契機に、カーター元大統領の崇高な活動理念である「平和・人権・飢餓・環境問題等」への取り組みに学び、生涯学習の拠点施設として建設したジミー・カーターシビックセンターの完成を祝して1994年7月7日に再度、ご夫妻で甲奴町を訪問されました。中学生と行われたタウンミーティングは、21世紀を担う若者をはじめ、町民にとってもかけがえのない財産となりました。こうして、甲奴町とカーターご夫妻との交流は、毎年実施している甲奴中学校生徒のホームステイ事業をはじめ、友好都市ジョージア州アメリカス市・サムター郡市民との交流は12年にも及んでいます。また、昨年はカーター元大統領からカーターピーナッツを寄贈していただき、永遠の交流の絆として地域住民の手で大切に栽培されています。

 この度のカーター元大統領のノーベル平和賞受賞は、こうした活動・交流を続けてきた甲奴町民にとって、喜びと誇りとするところです。

ジミー・カーター氏は、ジョージア州アトランタにカーターセンターを創設され、大統領時代のネットワークと経験をいかし、世界中のすべての人々が平和に暮らせるため 「飢餓と風土病の根絶」「人権尊重に関する活動」「民主化と紛争の平和的解決」というの理念のもと活動を続けられています。


友愛の鐘が鳴る町 甲奴町
■ジミー・カーターシビックセンター
開館時間/午前9時~午後6時
休館日/毎週月曜日年末年始12月29日~1月3日
E-mail
広島県三次市甲奴町本郷940
TEL/ 0847-67-3535(代)
FAX/ 0847-67-3538
図書館 TEL/ 0847-67-3532

2002年11月15日 更新