夏休み☀ 子どもクッキング

夏休みの定番行事 子どもクッキングを行いました♪ 毎年夏休みに町内在住の食生活改善推進員さんを講師にお迎えして、小学生を対象に行っています。
テーマは、長い夏休みの間に、教えてもらった簡単にできる【朝食メニュー】を、ぜひ自ら調理して家族で食べてもらいたい!!
栄養についてや朝ごはんを食べるとこんなにいい事があるんだよということを少しでも考えてもらえるきっかけになればと、毎年行っています。


ちょうど職場体験中だった、甲奴中学校2年生の3名さんにも手伝ってもらいました。
参加してくれた小学生は、1~3年生が多く、最初はタジタジ⯑ぽかった中学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんもだんだんと慣れて、最後は遊んでくれたりしてくれました。
もちろん、支度から片づけまできっちりとお手伝いしてもらい、テキパキ動いてくれました。


食生活改善推進員さんから、今日教えてもらうメニューについて、栄養について、今回は和紙で作った箸袋の折り方も、限られた時間のなか、しっかり教わりました。


子どもたちは、4つの班に分かれて、野菜を切ったり、炒めたり、盛付けたりと頑張ってくれました。
ちょこちょこちょっとしたことでケンカ(◎_◎;)っぽくなることも、今までの教室ではあったのですが、みんな仲良く、順番を守り、食生活改善推進員さんの注意を聞きながら、最後まで班で仲良く作ってくれました。


普段家ではおかわりしないと言っていた子も、おかわりをしていたり、さすが中学生のお兄さんはどんぶり飯をペロッと平らげて、おかわりしていました。

美味しかった。
楽しかった。またやりたい!
教えてくれて、ありがとう。
など、感想文も書いてくれました。

参加してくれた小学生のみなさん。
お手伝いしてくれた中学生のお兄さん・お姉さん。
色々手配してくださった粟根保健師さん。
そして、楽しくて美味しかったメニューを指導してくださった食生活改善推進員のみなさん。

本当にありがとうございました(≧◇≦)

来年もまた参加してね!

教室 出来事

シビックセンターブログ担当の子分こと鶴本です。カーターセンターの出来事いろいろ、お伝えします。
 
 
文字を入力してください
文字を入力してください