飛蝗

9月の折り紙教室は、17日火曜日に行いました。 なので子どもたちの参加はナシ。
秋の虫の声を聞きながら、飛蝗を折りました。

飛蝗は2種類教えていただきました。
精霊飛蝗
殿様飛蝗
です。
精霊飛蝗は、まず▲に折り、切ります。
1枚の▲から折り始めるのです。

▲の折り紙を中心に合わせて折ると、□になります。
飛蝗の足の部分は、できるだけ細くなるように折ったり、触覚?になるようにかぶせ折りや中割折りなど、折り紙の色々な折り方をしながら折っていきます。


精霊飛蝗が出来上がったら、殿様飛蝗にチャレンジ!

殿様飛蝗は□の折り紙で。
途中からは精霊飛蝗と似た折り方で。
最後はらしく、太めの体にするために広げます。

出来上がりが⯑
精霊飛蝗とはちょっと違うでしょ。

秋の夜長に折り紙で折った飛蝗を飾ってみるもの、いいのでは?

ちなみに・・・
精霊飛蝗は、なぜ精霊とつくのか。
答えは、この飛蝗が出てくる頃が、秋のお彼岸の頃だからそうです。

10月はいつも通り、第3土曜日に行います。
折る作品は、秋・・・と聞くと思い浮かぶ、かわいい⯑動物です。
お楽しみに!!
 

折り紙 出来事 ブログ

シビックセンターブログ担当の子分こと鶴本です。カーターセンターの出来事いろいろ、お伝えします。
 
 
文字を入力してください
文字を入力してください